川越三井病院
日本医療機能評価機構
乳腺センター

ヘルニア・肛門外来

ヘルニア・肛門外来

安全で痛くない治療を行うことを心がけています。

消化器外科指導医・専門医により、そけいヘルニアの最新治療、痔・肛門部の異常・慢性便秘などに対して薬物療法(飲み薬・塗り薬・座薬等)や注射療法、手術療法等で患者様の病態に合わせ、併用あるいは使い分けて治療を行っております。
出来る限り痛みがないような工夫、入院治療でも短期間で社会復帰できるような工夫をして、患者様への負担を配慮して治療を行っております。
特に痔核手術は痛みや負担の少ない最新治療であるPPH手術にも積極的に取り組んでいます。

取り扱っている主な疾患

そけいヘルニア、慢性便秘、内痔核、外痔核、裂肛(切れ痔)、痔ろう

外来担当医一覧

受付時間:9:00~12:30
診察時間:9:00~13:00

午前 担当医 担当医 担当医 朴 英智 担当医 朴 英智
午後

医師紹介

診療部長
朴 英智
朴 英智
<経歴>
日本大学医学部卒 医学博士
<専門分野>
消化器外科、小児外科、総合外科
<主な資格>
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、消化器がん外科治療認定医
小腸機能障害認定指定医、直腸・膀胱機能障害認定指定医
日本静脈経腸栄養学会学術評議員
マンモグラフィ読影医
難病指定医
身体障害者判定医(科目:膀胱又は直腸機能障害)
<備考>
腹腔鏡手術実績:約100件/年
総合実績:1,500件以上