川越三井病院
日本医療機能評価機構
乳腺センター

下肢静脈瘤外来 | 川越三井病院

下肢静脈瘤外来

血管外科の専門医によるレーザー治療を行っています。

最新のレーザー装置を導入しており、手術部位の創がほとんど残りません。
日帰りの手術となります。


下肢静脈瘤について

レーザー治療 足の血管がボコボコしていませんか?青く浮き出ていませんか?下肢静脈瘤かもしれません。
スカートは履かないから、足は出さないから、と諦めていませんか?
下肢静脈瘤とは下肢のある血管に逆流が生じ、それにより表面の血管がボコボコと浮き上がってくる疾患です。2人に1人がこの疾患を有すると言われています。この疾患は、足に流れた血液が、逆流のため心臓に戻りにくいために足がだるい、つりやすい、むくみやすい等の症状が現れます。女性の方では、なにより美容上の問題があります。
放っておくと皮膚の色が黒ずんできたり、皮膚がただれて潰瘍を形成してしまいます。潰瘍はなかなか治りません。症状のない方でも、下肢静脈瘤はこのような疾患ですので是非治療を行うことをお勧めします。
この疾患は薬で治療することはできません。治療法は手術しかありません。
今までは主に、足の静脈を引き抜く手術が行われてきましたが、近年では下肢静脈瘤血管内レーザー治療法が保険適応となりました。この方法は、静脈にファイバーを挿入し、レーザーを照射して静脈を閉塞させる方法で、局所麻酔下に行えるため外来での治療(日帰り治療)も可能であり、静脈閉塞率も高い治療法です。静脈にファイバーを挿入するだけなので、手術と違い、皮膚を切る必要がなく大きな傷が付くことはありません。

よくある質問

誰でもレーザーできますか?

静脈の弁が壊れてることにより、血液が逆流し、症状が出ている方です。
ただし、医師の判断により、レーザー治療が適応とならないこともあります。

安全ですか?

下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療の実施基準の基準内容を満たした医師が手術を行いますので安心して受診してください。

治療時間はどれくらいですか?

片足30分~60分程度です。
麻酔にもよりますが手術直後から歩行も可能です。

静脈を塞いで大丈夫?

他の静脈が心臓に血液を運んでくれるので大丈夫です。

取り扱っている主な疾患

下肢静脈瘤

外来担当医一覧

受付時間:14:00~17:00
診察時間:14:00~17:30
午前
午後 木下 肇

医師紹介


木下 肇
木下 肇
<専門分野>
心臓血管外科
<主な資格>
日本外科学会認定外科専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
腹部ステントグラフト指導医
胸部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医